ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

なんだと?投資信託家計保有額30兆円以上も誤計上??やはり日本人は貯蓄星人の洗脳は解かれていなかったのか?の件




昨日毎日新聞で個人の投資信託の家計保有額が、日銀の統計作成時の誤りで30兆円以上も過大計上されていたことが判明したという記事を目にしました。

近年投資信託保有額が増加しているとおもわれていましたが、実際は減っていることになるそうです。

毎年改定を行っており、平成17年12月末の家計の投資信託保有額は、109兆1000億円から、約33兆円少ない76兆4000億円となるそうです。

原因としては日銀が、ゆうちょ銀行が保有する投資信託を個人が保有しているものと誤って計算してしまっていたようです。

家計の金融資産としてはいまだに預貯金が52%ですが投資信託はわずか4%と少なすぎるといった印象です。※株に投資している方も含めるともう少し多いとおもいます。

これでは確かに周りに投資をしている人が少ないはずです。

100人いてたったの4人ですよ。

単純計算から残り96人の方達は「貯金が一番安全!!」と物価や税金が少しずつ上がり始めているのにも気づかず資産を増やすことができなくなっていくのです。

そして将来この96人方達の多数の方が将来「年金が少ない、生活が苦しい」と訴えるのです。

しかしこれはこの方達が悪いわけではないのです。

子供のころから貯蓄が一番と貯蓄星人に洗脳されてきた結果なのです。

今回の日銀がミスをしたのも日銀の中に貯蓄星人がおり書き換えた恐れがあります(笑)

貯蓄星人の洗脳を解かれているのは日本人の中でたった数%です。

でもこの洗脳を私たち個人がヘタに解こうとすると、私たちが白目でみられまるでねずみ講にでも勧誘しているのかのように見られてしまうので厄介な問題です。

なので私は祈りますこの洗脳が一人でも早く解かれますように。。。。



ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<