ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

ただのひとことふたこと 銀行の投資信託を購入し損をしている人が46%もいるの??自分で勉強して判断して投資しようねの件



先日朝日デジタルで、銀行の投資信託を購入した個人客の46%が、運用損失だしていることが金融庁の調べでわかったという記事を目にしました。

運用成績は銀行ごとに差異があり、各行の販売、運用姿勢や商品の品ぞろえが、資産形成に影響を及ぼした可能性があるそうです。

購入の時期にもよりますが、昨年株価の上昇にともない、比較的損をしにくい中で多く損をしていたことになるそうです。

やはり銀行のすすめてくる投資信託のファンドには手を出してはいけないということが証明されましたね。

手数料がアホみたいに高いファンドを紹介され、そのファンドがダメになってくるとまた、アホみたいに高い手数料のファンドの乗り換えを勧められ、永遠と利益がでないスパイラルに陥るのです。

いろいろとおいしい話のみを持ち掛けるセールストークに惑わされず、まずは積立投資を学んで判断するようにすればこのような損は少なくなると思います。

金融庁もこの状況を知ったのなら、銀行を指導するなどしていかないと、投資=ギャンブルという日本人の洗脳はずっととかれず、老後貧乏におちいる人が増えてしまうことになりかねません。

金融庁はまず「ただの積立投信の日誌」を読むことを推奨するべきです(笑)
ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<