ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

えっ?日経平均株価にも影響にあった「短観」ってなにかって?一緒に学んでみようの件



先日日本銀行全国企業短期経済観測調査(短観)が発表され、日経平均株価が大きく株安となりましたが、この調査はどういったものなのでしょう。

これは日銀が3か月ごとに約1万社を対象に実施しているアンケート調査をしており、今回は5/26~6/26に実施しております。

この調査は全国の企業が経済の現状や行き先をどう考えているかを読み取ることができる、大企業、中堅企業、中小企業に分類して調べているそうです。

この調査から景気が良いと答えた企業の割合から悪いと答えた企業の割合を差し引いて算出する「業況判断指数(DI)」を算出するようですが、中でも「大企業・製造業の業況判断DI」をみると良いそうです。

なぜこの短観が日経平均株価に影響を与えるかというと、企業経営者の考えを反映し、景気の実態をつかみやすくなっており、企業は消費者の心理を読んで設備投資したり、サービスを提供するため経済の予測に役立つ指標となっています

今回はこの大企業・製造業の業況判断DI が2期連続で悪化したため投資家心理に影響し株安となったようです。

この主なる原因はやはりアメリカの保護主義政策からの貿易摩擦への懸念が大きいと思われます。

いまや中国の景気は日本にも影響を及ぼすようになってきておりますので、無視できないこととなっています。
ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<