ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

アメリカが金利を上げるとなんで新興国および世界に影響が出るのかって?一緒に学んでみようの件

先日アメリ連邦準備制度理事会FRB)は堅調なアメリカの景気に自信を深め、今年の利上げの回数の見通しを計4回に引き上げました。

失業率が低水準になったことや物価上昇率が年2%に達したことで、利上げを続けても景気には影響はでないと判断したようです。

しかしアメリカが利上げを続けることで新興国への影響が懸念されます。

なぜでしょうか?一緒に学んでみましょう。

まずアメリカの利上げに伴い、経済不安を抱える新興国から資金がアメリカに流出してしまい新興国の通貨が下落してしまうのです。

そして通貨安に見舞われた新興国は急速な物価上昇で景気が悪化する恐れがあり、通貨安が連鎖すればアメリカを含む世界経済が低迷してしまう可能性もあります。

そのため長い目でみればアメリカの自国第一主義という考えは、巡りめぐって自分たちの首を絞めることになるのですが、今のアメリカには聞く耳をもつことはできないでしょう。。。

私も投資している世界経済インデックスファンドもどちらかというと新興国への投資比率が大きいので、正直心配はあります。

しかし長期的にみれば日本もかつてはそうだったように人口が増えて続けている新興国は必ず経済は発展し立場が同等か逆転するときが来ると私は思っていますので世界を信じるのみです!! ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<