ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

高度プロフェッショナル制度は良い制度?悪い制度??の件



先日、高度プロフェッショナル制度が含まれる労働基準法の改正案が衆議院で採決されました。

高度プロフェッショナル制度とは、年収1075万円以上の一定の業種の方を労働法による労働時間、休日等の規制の対象から外すというものです。

過労死の助長や残業代ゼロで働かせ放題になると、強く反対されています。

しかし成果を出せば数時間で仕事を終わらせて帰ることができるなどメリットもあります。

この制度が良い制度なのか悪い制度なのかは難しい問題であり、会社、上司がしっかり理解していれば素晴らしい制度ではありますが、世の中そんな会社はごく少数と言っていいでしょう。

ほとんどが給料払っているんだから、しっかり働けよ的なものの見方になります。

会社と社員は平等だなんていいますが、はっきり言って嘘です。上記の関係性になっている以上、会社は社員に対して少なからず下に見てしまうのです。

そうです。いわゆる社畜です。

朝から晩までムチを打たれながら、ブヒブヒ働くのです。
中には鞭を打たれるのが気持ち良く感じるMさんもおりますが、ほとんどの人は不満を抱えながら仕事をしています。

話を戻しますが、この制度
年収1000万円以上の仕事なんてそうあるものではなく、私にとっても全く関係のない話になってしまうのですが、視点は悪くないと思うのですよ。

ダラダラと仕事しているなら、早く終わらせてプライベートな時間を大切にしてねってことだとは思うので。

しかしこのような制度を悪用する輩がいるから問題になるのです。
高度プロフェッショナル制度ははっきり言ってブラック企業にとってはシメシメな制度なのです。

この制度を悪用して社員の過労死に結び付いた会社は、税金を多く取るとか世の中のさらし者にするとか何かしらの罰を設ける必要があります。

私は運よく残業もなく生活に困らない程度の収入をいただけているので、会社には感謝しておりますが、1日8時間も労働時間としてはいらないなと思う今日この頃です。



ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<