ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

老後貧乏にならないために実践していること-18- 「♪傘がない」というような状況を作らないことが節約には大切だよの件



梅雨の季節になりましたね。井上陽水さんの歌にもあります「傘がない」

好きな人に逢いに行きたいけど、今日は雨。しかし傘がないから濡れてでも逢いにいかなくちゃという歌です

昔はコンビニも近くになかったり、傘を買うのも一苦労だったことを表現している歌ともいえますね。

今でこそ傘をコンビニで簡単に買えるため、傘を何本かストックしている方も多いと思いますが、皆さんは傘は何本もっていますか?

以外と多いのですが、何本持っているかわからない方は多いのです。

これは傘が安く手に入るようになっているということもあるのですが、急に雨が降ってきたけど傘がなく仕方なく買ってしまうことが一つです。

多い方は年に数回購入するのです。

えっ?傘なんて500円くらいなんだから別にいいんじゃないかって?

実はこの考えこそ節約には大敵なんです。

このような考えを普段からしていると傘だけでなくあらゆる場面で無駄にお金を使ってしまうのです。

例えば料理をしていて、あれ?調味料がない!?と走って買い物に行くなんてことがあると思いますが、近くに安いスーパーがあればよいですが、料理の最中だし近くのコンビニで買っちゃうなんてこともあると思います。

しかしコンビニで買うと安いスーパーよりも20~50円くらい高いこともあります。しかも調味料1つだけ買うのは何ですから、何かお菓子を買ったりと結果500円くらい消費してしまうのです。

しかも買ったら冷蔵庫の奥に調味料があったとかいう人もいると思います。

このようなことが癖になっている人は、他の場面でも同じことをしていることが多く、「〇〇がない関連費」は相当な額になると思います。

これを防ぐには簡単です。傘については天気予報を毎日チェックし、カバンの中には折りたたみがを常に持っておきましょう。また会社にも一つ置いておくこともお勧めします。

これで突発的に傘を買うことはなくなり節約できます。


あとは自宅内や冷蔵庫をきれいに整理しておくことです。上記のように無駄に購入してしまう原因としては、家の中が整理されておらず、何がどこにあるのかもわからず、あれ?あったっけ?ということが発生してしまうのです。

この「〇〇がない関連費」をなくす習慣こそが、記憶力が低下してくる高齢になったときに大きな差になって表れてきます。

少ない年金の中で上記のことを繰り返せばお金はみるみる無くなっていきます。

若いうちから整理整頓する習慣を身につけましょう。

>ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<