ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

えっ?「円高」「円安」のことが良くわからない?じゃあ一緒に学んでみよう!!-2-「円高」「円安」による企業への影響について知ろうの件



円高」「円安」のことが良くわからない?じゃあ一緒に学んでみよう!!-2-は「円高」「円安」による企業への影響について知ろうです。

円高」や「円安」に触れると日経平均株価も同じように上がったり下がったりします。

簡単に説明しますと「円安」に向かうと輸出企業の業績が良くなり「株高」になり、「円高」に向かうと業績が悪化して株安になります。

-1-で説明したことを思い出しながら学んでみましょう。

1ドル80円の場合(円高

例えば
大手メーカーの1台1万ドルの車が100台売れた場合の話をします

1ドル 80円の場合 8000万円の売り上げ

1ドル 100円の場合 1億円の売り上げ

1ドル 120円の場合 1億2000万円の売り上げ

というように20円上がり下がりするだけで2000万円近く業績も変わってくるのです。もっと高い車であれば当然差がもっと広がります。

そのため輸出企業の多い日本では円安にふれれば、景気が良くなると投資家は株を買う動きが強くなるため、為替と株価は連動する動きになるのです。

逆に輸入企業の場合は、円高になれば安く品物を仕入れられ業績は良くなります。

まずはこの流れをしっかり覚えて、日々のニュースを見ながら、「今日は円安だな。輸出企業が好調だな」とか意識することで、投資の知識が身についていきます。

投資の知識って身に着けるの大変そうと思われるかもしれませんが、焦らず少しずつ学ぶようにすることをお薦めします。


ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<