ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

なに?2040年に介護保険料9200円/月??積立投資で自分の身は自分で守るしかないよの件


昨日政府の経済財政諮問会議で2040年度の社会保障の費用推計が示されました。

これによると高齢者人口がこの年にほぼピークに達し、介護や医療、年金を中心に、給付費は190兆円に膨らみ、保険料など国民の負担は重くなり、限界に近づくとされています。

推計では介護の費用の伸びが著しく、国が長期入院を抑制し自宅は施設で介護を受けられるように改革を進めているからとされています。まぁ結局は医療費が介護費用にスライドしただけです。。。

そして65歳以上の介護保険料は、現在月5900円(全国平均)ですが、40年には9200円まで上がる見込みとなっています。全国平均ですから地域によっては1万円超えるところもあるでしょう。

国民年金の方なんて1万円も持ってかれたら、死活問題で、それこそ食費を削るしかないですから、病気になりやすくなり医療費がかかる悪循環に陥るだけです。

単に保険料を上げるなんて一時しのぎでしかなく、長期的にみたら完全にデメリットしかありません。


費用だけでなく介護職の人材不足も深刻です。40年度までに今の1.5倍の人材が必要になっていきますが、少子化によりタダでさえ全業種人手不足になる予測があるのに介護分野だけ伸びるとは到底思えません。

現在ですら施設は人手不足ですから40年後もっと深刻化し、サービスを受けたいけで受けられない、いわゆる介護難民になる方が激増するのです。

特に地方はかなり悲惨な状況になるでしょう。必要な医療も介護も受けられず、しかも保険料だけ奪い取られるのですから、完全に国を上げての詐欺行為です。

政府もちょこちょこ改革だといいながら手を打っているつもりでしょうが、解決しているどころか状況が悪化しています。


これを解決するには欧米のように消費税を20%以上に上げて、将来貯金なんてなくても生きていけるようにシステムを充実させるのか、ベーシックインカムなど社会の構造を完全に変えるしかないと思っています。

前者も後者もメリット、デメリットあり賛否両論ありますが、日本全体がこのまま衰退していくことは避けなければいけません。

間違っても自分だけ良ければそれで良いという考えは、自分に跳ね返ってくる問題ですから真剣に考えなければいけない問題です。

しかし自分の身は自分で守ることも必要です。今後も社会保険料の負担は確実に増えていくでしょうから、積立投資を続けて自己防衛してくしかありません。

それにしてもお年寄りから毎月9000円ってひどい話ですね。。。


ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<