ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

はじめての人のための3000円投資生活 をみて学んだよー1-私が投資を始めることができたのはこの本があったからだよの件


おすすめの投資本の1冊として、「はじめての人のための3000円投資生活」です。人気のファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが、投資についてわかりやすく説明いただいている本です。この本は私が投資をやってみよう!と、きっかけを作っていただいた1冊です。

きっかけは、貯蓄星人に洗脳されていた私が100万円を銀行の定期預金にしてみたけど、満期で200円かよ。。と絶望に淵に立たされていたとき、アマゾンをみていて、ふとこの本が目に入ったのです。

投資って株のイメージがあり何万も出資しないと買えないものと思っていたので、こんな少額から投資できるのかと購入したのがきっかけでした。

※初版が2016年ですが、今でも十分参考になる1冊です。

この本の特徴としてはやはり、投資初心者向けにわかりやすく書かれており、初心者の不安に思っているところをピンポイントにアドバイスしてくれています。

なぜこのようなことが可能かというと、横山さんは家計再生コンサルタントをされており、1万人を超える方々の、家計に関する相談に乗ってきたからと思われます。

そんな私はこの本のプロローグ部分でしっかりと心をつかまれました。

"「投資」という言葉をきいたとき、どのようなことを連想されますか?

おそらく

「たくさんの元手がないと無理」

「素人にはむずかしい」

「しょっちゅう株価をチェックしたり、売買したり、いろいろと手間がかかる」

「もうかるのはごく一部の人だけで、ほとんどの人は損をする」

こうしたネガティブなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。”


なんと私は上記すべてに当てはまったのです。なんとネガティブなんでしょう(笑)

そして横山さんは、デイトレードみたいに短期的に利益を得ようとする、投機ではなく、投資というのは本来、もっと気長に取り組むげきものであり、気軽にできるものであること。

そして「月々3000円で投資をスタートして、バランス型の投資信託を買うだけ」で、それ以外にやることはないこと。ただし「ゆっくりとしたペースでしか、お金が増えない」というデメリットもあるけど、かなり安全性が高く、銀行預金より良い利回りでお金を増やせるというのが特徴であることをご説明いただいてます。

「なに?リスクが少ないけど着実にお金が増えていく?これは私に向いている投資方法ではないかww」と超慎重派 貯蓄星人の赤いライジングスターが洗脳から解き放たれた瞬間でしたwww
私はこの後この本を1日で読み、証券口座を開くための準備をはじめたのです。

この本のもうひとつの特徴としては、相談に来られた方たちの話を例にあげて、どのように資産が増えていったのかをお話しいただけているので、投資信託についてとても理解しやすくなっています。

目次は下記になります。
PART1 さあ、3000円投資生活を始めよう
PART2 3000円投資生活なら「貯金感覚」でコツコツ増える
PART3 1万人の家計をみてきてわかった「投資の分かれ道」
PART4 絶対にやってはいけない投資とお金の使い方

投資を始めようとする方には特におすすめの1冊です。


下記クリックするとamazonで購入できます

はじめての人のための3000円投資生活




>ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<