ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

えっ?今度は赤いライジングスターの老後のシュミレーション方法を知りたい?ちょ~~(笑)の件


先日は積立投資のシュミレーションのできる高精度計算サイトをご紹介させていただきました。

今回は赤いライジングスターの老後のシュミレーション方法をお知らせいたします。まぁこれも自分でちまちま計算するより手っ取り早いシュミレーションサイトがあるのでご紹介いたします。

若者のための投資信託のすすめというサイトで引退後のシュミレーションをおこなうことができます。

貯蓄額、月額年金支給額、月額生活費、一時金、引退年齢、推定死亡年齢、投資利回りを入れると計算をパッパッとしてくれます。

私はこのサイトも何度も訪れ、あらゆる年齢で引退した時、想定される利回りを入れてシュミレーションをしてリタイヤするのにベストな年齢を考えています。



例えばまず高精度計算サイトで積立計算ボーナス併用で計算をします。

年利率 5%
積立年数 25年
毎月積立額 5万円
ボーナス月加算額 15万円
積立前の元金 300万円

複利
複利毎課税 20.315%
※積立NISAなどは使わないと想定します。

25年後には私の投資資産は4600万円まで都合よく増えました。



そして引退後運用シュミレーションで計算すると。。

貯蓄額 4600万円
月額年金支給額12万円
(将来受給額が減ったとして)
月額生活費 20万円
一時金 特になし
引退年齢 65歳
推定死亡年齢 99歳
(私は150歳まで生きる予定ですが99歳までしか入れられません)
投資利回り 4%

で計算すると資産は増え続けて、99歳には107,985,712円と億り人達成ですww

そして100歳になったら亀仙人のじっちゃんみたいに、どこかのビーチでのんびり老後を過ごすのです。そのころには私はプリズナートレーニングのおかげでかめはめ波は打てるでしょうwww

そして孫悟空クリリンを。。。いけない妄想がとまらなくなってしまいます(笑)


まぁ利回りだって都合よく同じ利回りでいきませんし、マイナスの年だってあるでしょう。また引き出したときにかかる税金までは計算されていません。

そのためシュミレーションはあくまでも目安として、こんなには上手くいかないだろうくらいに思っていた方が無難でしょう。

でもいろいろなシュミレーションをしてみると楽しいですよww




ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<