ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!を読んで学んだー1ー日本経済ってやばいの?の件


おすすめの投資本の1冊として、「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」です。経済評論家の山崎元さんと出版社に転職した大橋弘祐さんがひょんなことから対談し、そのまま本になった1冊です。この本は積立投資を始め不安に感じているときに何度も読んだ本ですが、お金のこと経済のこと投資のことが非常にわかりやすく書かれており、いまだに読み返すことがある、ためになる1冊です。
※初版が2015年ですが、今でも十分参考になる1冊です。

chapter1 お金を安全に持っておく編 では、日本経済ってやばいの? についてお話しいただいています。

大橋さん「よく見かけるじゃないですか。日本は借金が1000兆円もあるから、借金が返せなくなって、国が破綻するってニュース。ギリシャみたいに破綻するってことだってあるんじゃないですか}

山崎さん「ギリシャはまだ破綻していない。破綻しそうになっただけ(2015年9月時点)それに、日本が多額の借金しているのは事実だけど、ギリシャとはだいぶ状況が違う」

山崎さんいわく、日本の国債の買い手はほとんどが日本国民であり、もし日本が国債の借金を返せなくなったら、お金をたくさん刷って、国民に返せばよく、ギリシャの場合は他の国からお金を借りており、使っているのはユーロだから、お札を刷って返すことができなくなったのです。

お金を刷って国民に返したら、インフレにはなりますが、日本はそんなに悲観するほど危険でなく、リーマンショックで世界の金融市場が混乱したとき、世界の投資家たちが安全資産として買ったのが「円」だったこともあり、日本は他の国と比べて相対的に安定しているいえ、もちろん日本国債が絶対安全とは言えないようですが「日本経済が破綻するまではかなり先」と考えていいそうです。

みんな国がなくなるっていうニュースが好きで、日本経済が破綻するとか、危機を煽る人たちがいて、「
日本崩壊」「金融破綻」なんてことばがテレビや雑誌にでる⇒今度は金融業界の人たちが日本円をもっているは危険だからと、日本が破綻しても安全な金融商品を勧めてくる⇒心配性な素人は、言われるがままに買ってしまう。=そんなの「あなたたには悪い霊が憑いてる」と不安を煽って売りつけてくる壺と一緒で、商売の常套手段だから気を付けてほしいとのことです。

ここから銀行には近づいてはいけないことなどお話しいただいています。


確かに数年前まで破綻する。日本の借金が今でも膨れ上がっているんだと、こぞってメディアで取り上げられていることがありましたが、アベノミクスによりそんな話もしなくなりました。まあ今でも借金は増え続けているのでしょうから楽観はできませんが、このような時お金や経済の知識を持っていないと損をするということがわかりますね。

この本はこのようになるほど~と思えることが満載です。

目次は下記になります。
chapter1 お金を安全に持っておく編
chapter2 ちょっとリスクをとって運用する編
chapter3 お金を使う編
chapter4 トクする制度を使って実際に運用してみる編
chapter5 年金と確定拠出年金
投資を始めようとする方はもちろん、投資家の方にもおすすめの1冊です。


下記クリックするとamazonで購入できます

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!




>ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<