ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

老後貧乏にならないために実践していること-12-私は絶対家を買わないよ。だってこれからの時代賃貸のほうがいろいろな面でお得だからの件


老後貧乏にならないために実践していること-12-私は絶対に家を買わないよ。です

私は現在賃貸のマンションに住んでいます。マンションとは名ばかりの見た目はアパートといったほうが良いと思いますが一応鉄筋コンクリートです。家賃は1DKで75000円で、私の地域からすれば1万円~2万円は安いですかね。

入居した当時は8万5000円でしたが、家賃交渉人のスキルを持った赤いライジングスターは更新のたびに交渉し10000円も安くなりました。1年で12万円10年で120万円も差がでてきますから家賃をどれだけ抑えるかが老後貧乏にならないための鍵になります。まあ私が独り身であればもっと安いところでも良いのですが、連れがおり、あまり貧相でもかわいそうです。それに共働きですからシェアしていると考えるとかなり激安ですかね。
いまのところ私が90%負担していますが。

私も若い時は一国一城の主を目指しマイホームを検討したことがありましたが、下記の理由からマイホームなんて持たないほうが良いと思い購入はやめました。

①これから人口が減るのだから空き家だらけになって家賃も下がるから。
上記にも書きましたが、私の最初の家賃からかなり下げることができました。10年前であればこうはいかなかったでしょう。今の家は出入りが激しく数か月入らない部屋もあります。大家からしてみれば空き部屋にするよりも入っていてもらったほうが修繕費もかかりませんし助かるのです。今後この傾向がもっと進むでしょう。都心で家賃5万円で1LDKも可能になると思います。

②マイホームのほうが将来的にお得というが、10万円以内の賃料であれば買わないほうがお得だから
家賃10万円以上払えるなら絶対買ったほうが得です。30年で3600万円ですから、地域によっては十分なマンションを購入できるでしょう。でも私は10万円以上のマンションに住まなくても生活に問題ありません。頭金をいれれば毎月5万円のマンション購入も可能?私の地域で仮にあってもかなり古い中古マンションでしょう。そんなマンションをつかまされたら、いづれ修繕費や管理費にが高くなり、固定資産税と合わせたら結局賃貸と変わらなくなると思っています。

③いざとなったらマンションを売れば良い?売れない時代がくるから。
①と関係しますが、これからの日本は間違いなく人口が減ります。人口が減るということは家賃の相場も下がります。安い家賃で綺麗な家に住み修繕など自分でしなくてよいなら、購入しなくても良いじゃんという人が増えてきます。そうすると20年~30年前に購入したマンションや一軒家を購入しようとする人は少なくなり売りたいけど売れない。結局激安で売るはめになり資産価値もほとんどない状態になってしまうと思うからです。

④賃貸のほうがその時のライフスタイルに合わせて住まいを変えることができるから
私も子供がいればおそらく家を購入することを考えていたと思います。しかし連れとの二人暮らしですから、そんなに広い家でなくても良いため今の家に住み続けています。仕事も順調ですしあと15年くらいは現在の収入を最低限維持できるでしょう。しかし60近くなって、急に仕事を失うかもしれません。病気になるかもしれません。人間いつまでも元気でいるかはわかりません。私か連れが突然介護状態になったら、思うように働けず収入減は確実です。医療費や介護にかかるお金で月数万円消えていきます。そうなった時は今の賃貸は生活が厳しくなります。

その時のライフスタイルにあった家にすみやかに転居できるのはやはり賃貸です。負担が増えた分家賃を抑えれば生活レベルを下げなくてよくなります。えっ?高齢になったそう簡単には見つからない?大丈夫です現在保障人システムが進みつつあります。あと10年すればその不安はなくなるでしょう。

と20年~30年後のこと考える私は家を購入しないほうが得だと結論にいたりました。
あくまでも私のライフスタイルで考えてみたことなので、皆さんのライフスタイルや考えと一致しない面は多くあると思います。赤いライジングスターとちょっと生活スタイルが似ているなと思われるかたは参考にしていただけると幸いです。





ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<