ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

毎月5万円で7000万円つくる 積立て投資術 (カン・チュンドさん著)を読んで学んだよー3ー投資期間を「3つのステージ」に分けるといいよの件


おすすめの投資本の1冊として、ブログでも投資のノウハウを学ばせていただいています、カン・チュンドさんの毎月5万円で7000万円つくる 積立て投資術です。私が積立投資を知り、本当に積立投資って大丈夫なのか?と疑問に思っていた時に出会った本です。また積立投資を始め不安に感じているときに何度も読んだ本です。

初版が2009年ですのでだいぶ前の本古い情報は含まれていますがが、積立投資のことを学ぶには十分な1冊です。


第4章 毎月5万円で7000万円作るしくみを実行する で投資姿勢も3つのステージで変化させる。をご説明いただいたいています

30年間という投資期間を「3つのステージ」に分けると下記になります(35歳~として)

・成長期 35歳~45歳
この時期に積立てる掛け金は、一番長く投資という海を泳ぐことができます。時間を味方につけ、あなたの積立て元本の中でも、一番大きく成長する「元手」となります。
成長期では運用の「損益」をあまり気にする必要はありません。将来的にリターンを獲得するための「仕込みの時期」と考えてください~~~~。ファンドの価格が下がっても、将来の収益を押し上げる「土台」を作っているのだと思ってください。

・豊潤期 45歳~55歳
これまでの資産を積み上げてきた成果が、収益として表れ始める時期です。投資元本が1000万円~2000万円となり、ファンドの価格が少し上昇するだけで、驚くほどポートフォーリオの成績が改善されます~~~~~。おそらくこの時期が毎月5万円 ボーナス時20万円の掛け金を維持すること、一番難しくなると思います。しかしこの時期を乗り切ることで目標の7000万円が見えてくるのです。

・安定期 55歳~65歳
この時期になると、投資元本だけで2000万円~3000万円になります。もはや、成長期、豊潤期ほどのリスクを取るべきではなくなってきます。具体的に言うと、安全資産の割合を増やすことが必要です。~~~~

おそらくブログをみている皆さんは成長期の方達が多いのではないでしょうか。積立始めたころはとても不安になるものです。私は最初のころ、このページも何度もみて今の投資方法は間違いないと言い聞かせえていたものです。

私の投資元本は500万円になろうとしていますが、ファンドの結果次第では4万円動く日も多くなっています。これが2000万円以上になれば複利の効果も合わさり10万~20万円動くこともありえます。いえいえもっとでしょうか。今の私の段階では想像ができません。。。

また今の私は毎月5万円 ボーナス時20万円の積立てはクリアしておりますが、給与面が安定している今もう少し積立てをしていきたいと思います。最低限今の収入で安定期まで行ければよいのですが、この安定期は収入が少し減るものと思っていた方が安全だと思っています。その場合積立額を少なくする必要もあると思いますので、成長期の今できる限り仕込みをしていきたいと思います。

積立始めた時期やライフスタイルは皆違うものですが、投資期間を分けて考えることで投資のビジョンも見えてくるのだと思います。

是非お読みいただければと思います。

目次は下記になります。
第1章 投資はビジネスマンに必須のスキル
第2章 なぜ、積立て投資なのか?
第3章 みらい資産の作り方
第4章 毎月5万円で7000万円つくつしくみを実行する
第5章 プライベート年金の引き出し方
第6章 ここが知りたい積立て投資Q&A

投資を始めようとする方はもちろん、投資家の方にもおすすめの1冊です。


下記クリックするとamazonで購入できます。

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)



>ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑)
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<