ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

毎月5万円で7000万円つくる 積立て投資術 (カン・チュンドさん著)を読んで学んだよー1ー積立投資は飛行機に例えるとわかりやすいよの件


おすすめの投資本の1冊として、ブログでも投資のノウハウを学ばせていただいています、カン・チュンドさんの毎月5万円で7000万円つくる 積立て投資術です。私が積立投資を知り、本当に積立投資って大丈夫なのか?と疑問に思っていた時に出会った本です。また積立投資を始め不安に感じているときに何度も読んだ本です。

初版が2009年ですのでだいぶ前の本古い情報は含まれていますがが、積立投資のことを学ぶには十分な1冊です。


第1章 投資はビジネスマンに必須のスキルの中で「つらい投資はしない」をお話しいただいており、積立投資を飛行機に例えて説明いただいています。

”積立投資で3万円を積立ていくとしてます。毎月、毎月、3万円という飛行機が、あなたの元を飛び立っていきます。そして、長い距離を旅します。最初に飛び立った3万円も、10か月後に飛び立つ3万円も、、それぞれの時間差を保ちながら長い距離を飛行します。

あなたの投資信託の値段が高い時も、値段が安い時も、変わらず一定の金額でファンドを購入していきますので、ファンドを高く買っている、あるいは安く買っているという意識が希薄になり、何年も積立投資を続けていると、今利益が出ているのか、損をしているのかあまり気にならなくなる”

とのことです。これが一括投資であれば、そうはいきません。開始時点に比べてこれだけ悪くなっているということが明確になり、、不安を感じながら、メンタルも正常でいられなく恐れがあります。私も積立投資を始めたころは、300万円をまずは導入したたため不安でしたが、積立て行くたびにこの不安はなくなりました。不安に襲われるたびに、このページを読んで気持ちを落ち着かせることができました。

投資を始めようとする方はもちろん、投資家の方にもおすすめの1冊です。

はじめにの後は下記のような目次となります。
第1章 投資はビジネスマンに必須のスキル
第2章 なぜ、積立て投資なのか?
第3章 みらい資産の作り方
第4章 毎月5万円で7000万円つくつしくみを実行する
第5章 プライベート年金の引き出し方
第6章 ここが知りたい積立て投資Q&A

投資を始めようとする方はもちろん、投資家の方にもおすすめの1冊です。


下記クリックするとamazonで購入できます。

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)