ただの積立投信の日誌

S&P500の投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

米国株投資家ではあるが日本銀行株買う!!その理由。

f:id:liverpool-premium:20211116193038p:plain



こんにちわ!!

 

赤いライジングスター (@redrisingstar8) | Twitterです。

 

 

私は米国株投資家であり、メインはemaxis slim 米国株(S&P500)へ投資をしております。

 

よほどのことがない限りここへの投資派変えることはないと思いますが、現在はこの他にも投資をするようになっています。

 

それが日本の銀行株です。

UFJや三井住友などメガバンクに200万円程投資をしています。

 

米国株投資家だった私が何故日本のしかも銀行株に投資をした理由をお話します。

 

 

 

①現金で保有しておくのが無駄だから

私はこれまで生活の中で何かあった時のために300万円程現金として保有していました。

 

しかし投資をすればするほ貯蓄をしておくことに、実にもったいないと思うようになってきたのです。

 

しかも世界中でインフレ傾向になり、食べ物や生活費需品が値上がりしている今資産が減り続けているといっても良いでしょう。

 

その為この現金を投資に回した方が今後のためになると思ったのです

 

現金を持っておく理由としては仕事を失ったり、病気になったりしたときに素早く使えるためではありますが、私の場合は仕事には困らない職業であること、また病気になっった時ですが正直100万円もあれば大丈夫でしょう。

 

足りなくなったら投資の資産から引き出せば良いと考えています。

 

②円建てのリスク資産も保有しておきたかったから

私の資産は9割ドル建てといっても良いでしょう。

 

つまりあまりに偏り過ぎています。

 

そのため安全資産までドル建てにしてしまうのはさすがに危険なため、日本株分散投資しようと考えたのです。

 

 

 

③銀行株は割安なうえに増配を続けているから。

日本の銀行株もコロナショックからかなり回復はしてきました。

 

しかし日本銀行株はまだまだとても割安でありお買い得としか言いようがない状況です。

 

金利が続いている中この割安な状況は続くでしょう。

 

しかし米国ではテーパリングが開始となり金利が上昇する場面となること、そしてコロナから経済が再開するとますます米国の銀行株にとって有利なり株価は上昇するでしょう。

 

そして相関性の高い日本銀行株も上昇をしやすくなります。

 

また日本も現在0金利政策を続けていますが、いつまでも続けるわけにはいかないでしょう。

 

つまり金利を上げる政策に舵を取り始めれば、銀行株の株価にとっては有利となります。

 

また何よりも配当金が高い!!

 

4~5%の配当を各銀行とも出しており増配を続けています。

 

しかもUFJや三井住友は自社株買いまで行うことを発表したことから、今後株価にも大きな影響がでてくると思われます

 

これらのことを考えると当然海外投資家も目を付けているはずですから、株価がさらに上がる可能性もあるということが予想されます。

 

まとめ

銀行株はグロース株に比べてすんなりとは上がりづらいため、長期的に見て投資をしていく必要があるでしょう。

 

私も米銀行株ETFには投資していましたが、ジワジワ上げる割にはストンと落ちるを繰り返す傾向にありますので、この動きを理解しておく必要があります。

 

またある程度株価が下がっても、気にせず投資を続けていく気構えは必要です。

 

株価が下がったら配当を再投資しながら株価の値上がりを気長に待つくらいでないと、損して終わるなんてこともありえるため注意は必要です。

 

私は正直貯金感覚で上がっても下がっても気にしないで投資をしています。

 

そしていつか銀行株が将来株価が暴騰するような場面になったら売却をしようかと思いますが、5~10年単位での投資は覚悟して投資をしています。