ただの積立投信の日誌

投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

含み益バリアは存在するのか??含み益が大きくなるとお馬鹿な投資行動もしなくなるよ。

f:id:liverpool-premium:20210718173907p:plain


含み益バリアは存在するのか??

誰でも投資を始めたころは、日々の値動きに敏感になり含み益、含み損がどのくらいになるのか気になるものです。

私も1年くらいは市場が数パーセント下がると気になって、まだ含み益あるか確認していました。

そしてせっかくあった含み益が0になると、今までの時間が無駄になり虚しい気持ちにもなったものです。

そんな私も投資歴5年目を迎え、リスク資産全てを合わせると含み益は現在600万円ほどになってきており、スリム米国株のリターンは55%を超えております。

正直なところ、ここまで増えてくると日々の市場の動きには鈍感になり安心感が強くなります。

いわゆる「含み益バリア」といわれるものです。

 

市場が1日に1%ほど動くとリスク資産も増減が大きくはなるのですが、もういくら増えたのか減ったのかよくわからなくなってくるというのもあります。

また55%のリターンもあると市場が大きめの暴落しても、含み損にはならないという安心感もあると思います。

そして私の場合は投資している商品のほとんどが含み益になっている状態でリターンも満足しているため、リスクが高い仮想通貨、中小企業株などへの投資も興味が無くなってきており、そういう意味でも「含み益バリア」のおかげで安心安全運行をしていくこともできるようになってきています。

つまり含み益バリアは個々によって多少に差があると思いますが、必ず存在し含み益が大きくなってくると、市場の動きに惑わされることなくガチホできるようになり、よほどお馬鹿な行動に走らなければ、複利の効果により資産は黙っていても増えていくことになると思います。

  ※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング