ただの積立投信の日誌

S&P500の投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

リボ払いの意味が理解していない人が多い?クレジットカードは魔法のカードではありませんよ。

f:id:liverpool-premium:20210119191351p:plain



リボ払いの意味が理解していない人が多い?クレジットカードは魔法のカードではありませんよ。

昨日アウトデラックスでお笑いの餅田コシカリさんが出演しており、クレジットカードのリボ払いでコンビニ弁当を払っていたために、その利子で借金が30万円まで膨らんだとのことです。

リボ払いを自動的にお金をくれるシステムと勘違いしいていたようです。

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものである反面、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。

つまり借入額が多くなると元本がほとんど減らないという状況に陥いってしまいます。

 

 

借金は1年前に返済したようですが未だにシステムを理解されていないようで、皆笑っていましたがこういう方が一定数いると思うと正直笑えないなと思いました。

クレジットカードにする時に自分で調べないのか、理解できないのかは人にもよると思いますが、こういう話は私が子供のころからありますね。

そのため親からはクレジットカードは持つなと言われていたくらいです。

毎月の支出管理ができクレジットカードは前払いしているという意識を持てば、そんなに怖くはないのですがね。

説明を聞くのが面倒臭いといういう人は、まだ説明すれば理解できるのかもしれませんが、発達障害に近い方も世の中にはおり、一見普通に見えても実は複雑なことを理解できない人も結構いるため、そのような方は注意しないと自分の都合の良いように解釈しクレジットカードを「魔法のカード」と思い込み破産するまで使ってしまうこともあると思います。

また買い物依存症で理解はしているけど購入できるから買ってしまうという人もいるでしょう。

本人ではなかなか気づけず気づいたころには借金まみれになる場合もありますので、もし周りに同じよう方がいたら、クレジットカードについて理解しているのか確認してみた方が良いでしょう。

理解が難しい場合は危険であることを教えてあげて、リボルビング払いができないよう協力してあげると良いと思います。

  ※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング