ただの積立投信の日誌

投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

投資で資産を失う人の6つの特徴 博打ち(ギャンブラー)に似ているかもね。

f:id:liverpool-premium:20200626190035p:plain



投資で資産を失う人の特徴

投資をしていると資産を確実に増やす人と失う人がおります。

SNSやブログなどを拝見していると失う人の特徴は結構類似しているなぁと思う時があり今回まとめてみました。

①速攻でお金持ちなろうとする。

これはほぼ間違いなく資産を失う人に見られる特徴です。

速攻でお金持ちになるにはリスクが高い商品に手を出さざるを得ません。

上がる可能性のある分下がる可能性も高く、一瞬でお金を失ってしまうことが多いのです。

レバレッジ、仮想通貨の他人の情報だけを信用して資産のほとんどをぶち込む

新しい商品が好きともいえますが、レバレッジ、仮想通貨のことを調べることはほとんどせず、他人が資産が爆上がりしている情報を信用して、ほとんどの資産をぶち込んでしまいます。

 

③他人の声に耳を傾けようとしない

他人の助言や警鐘などを全く耳を傾けようせず、逆に攻撃したりどんどん意固地になる傾向にあります。

人間自分の行っていることを否定されれば多少は嫌な気持ちになりますが、この傾向がより強いように見えます。

④一生暴落しないと思い込みどんどんリスクを取ろうとする

ラッキーにも資産を増やすと一生暴落しないと思い込み、どんどんリスクを取り、よりリスクの高い商品に手を出し始める傾向にあります

⑤暴落すると異常なほど後悔し鬱傾向になる

しかし投資に暴落はつきもの、ひとたび投資商品が暴落すると投資商品は「クソ」とか「ゴミ」などといいイケイケの時とは全く別のことを言い始め深く後悔し始め鬱傾向となります。

⑥借金して追加投資しようと本気で思い始める

ここが最終形態ですが、暴落し追加投資するお金がない。。

しかしここがチャンスだと本気で借金をしようと考えだします。

ここで踏みとどまれば良いのですが、借金してしまうと再び①に戻り最悪資産は増えず借金だけ増える。

つまり最後は文字通り自己破産ということになります。

まとめ

破産する人すべてに当てはまるわけではありませんが、この傾向は強いように思います。

これは投資だけでなくギャンブル依存症にもみられると思いますので、いわゆる「博打ち(ギャンブラー)」にみられる性格とも言えるかもしれませんが、誰しもこの罠に陥る可能性もあるとも言えます。

全ての始まりは「速攻でお金持ちになりたい」から始まるようにも思えます、少しでもこのワードが頭によぎり出したら注意たいですね

「着実な投資で急がば回れ」これが投資基本です。

  ※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング