ただの積立投信の日誌

投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

テーパリングでの下落予想。-15~20%くらいかな。現金保有率は高めにしておきたい。

f:id:liverpool-premium:20201027142708p:plain

テーパリングでの下落予想。-15~20%くらいかな。現金保有率は高めにしておきたい。

コロナ後景気刺激策を行ってきた米国では、今後どこかでテーパリング(引き締め政策)を行うのは間違いありません。
現在投資家が何故このテーパリングを恐れているのかというと、リーマンショック後株価が回復してきたころの2011年ごろテーパリングにより株価が下落したため、同じことが起こるのではと戦々恐々としているのです。

この時約20%位下落したため確かに少し大きめ調整といえます。

 

では今回も同じような下落となるかですが、今回市場はこのテーパリングを織り込んできているとも言えますので、リーマンショックの時よりは下落しないのではないかと私は思っており15~20%の間位でしょうかね。

ただしそうはいっても10%以上の下落は予想されますので、このときに追加投資できるように現金保有率は高くしておきたいですね。

起こる確率が低いのであればこのような策を考えなくても良いと思いますが、起こる可能性が高いのなら対応策は考えておいた方が無難でしょう。

予想に反して大きく20%超を超える下落をしたら、それは大きなチャンスにもなりますからね。

気を付けなければいけないのは、このテーパリングが起こるからと今何も投資をしないというのは避けた方が良いでしょう。

もし下落しないで上がり続けたらまさしく機会損失になりますので、定期的な積立投資はそのまましておく方が無難です。 

  ※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング