ただの積立投信の日誌

投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

投資4年目を終えて考察してみました。最高の一年だったと思います。

 

f:id:liverpool-premium:20201205103949p:plain

投資4年目を終えて考察してみました。

本日で上半期終わりますね。

コロナのせいで生活に変化がないため私は毎日早く感じ、あっという間の半年でした。

さて私の投資に関しても本日で4年目が終わりますので、この1年の投資について考察してみます。

この1年はS&P500への投資以外にも余裕資金内でいろいろと試してみた1年でした。

個別株、金、債券、ビットコインいろいろと投資をし、利益は爆益まではいきませんが、損をすることなく利益を得ることができ経験を積むことができました。

そして投資の経験を積むことで、一番の収穫はやはりインデックスへの積立投資が私には一番向いているということが良くわかったということです。

いろいろな商品に投資をすると刺激はありますが、やはりいろいろな情報が入ってきて、それに振り回されてしまい結局は大きな利益を得ることができないというのが実情で、長期的に投資ができるかというと正直難しいです。

 

しかしインデックスへの投資はそういった情報に振り回されず投資ができております。

つまり機械的に毎月投資をし下落したら追加投資をするということを繰り返すことで、利益を最大化させることができているのです。

S&P500もいろいろな情報が出てきますが、私としてはこの指数への投資は心配しておりませんので、私にとっては適した投資なのだと思います。

コロナショックで資産が一時的に400万円以上減っても大きな不安なく過ごせたということはそういうことです。

どちらかというと最初に投資をしていたバランス型ファンドの方があれこれ考えることが多かったかもしれません。。

そのため投資4年目については、資産を500万円以上ふやすことができたので最高の1年でした。

S&P500への投資は今後も良い時悪い時あると思いますが、私としてはこのままメインに投資を続けていきたいと考えています。

  ※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング