ただの積立投信の日誌

投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

S&P500への投資は決して楽な道ばかりじゃない。塩漬け10年以上になる覚悟は持って投資するべき。

 

f:id:liverpool-premium:20200806161912p:plain

S&P500は今のところ最適な投資ですが、今後もそうとは限らず不遇の時代も来ると思って投資しています。

今回のコロナショックのようにすぐに回復するような暴落であれば良いですが、最悪なケース10年以上塩漬け状態で資産が全く増えないという時代がくるかもしれません。

米国株もそういった時期がありました。

特に2000年のITバブルから2007年のリーマンショックと大きな暴落に見舞われた約13年間資産はほぼ増えない状況が続きました。

これから同じような状況になる可能性もあることは知っておいた方が良いでしょう。

 

f:id:liverpool-premium:20210527155342p:plain

 ただし私の意見ですがこのような状況になったら、世界に分散投資をしていてもボラティリティが低くなるだけでほぼ同じような動きになると思います。

30年という長いスパンで考え、米国株はなんだかんだ上がると考えていればこの多少のリターンの差は株価が回復すると同時に大きなリターンとなって帰ってくると思いますので、リスク許容度が高いのであればS&P500への投資で良いと私は考えています。

ただ塩漬けを10年以上って結構つらいと思うので、その覚悟もって投資し続けることができるかです。

最悪の場合、日本のように30年株価が回復しないという可能性も少なからずあるかもしれませんが、米国の401Kの年金制度で投資をしている人が多いことや、新しい有望な企業が次々生まれる社会のシステムであることを考えるとその可能性は低いと思います。

そのため最低10年くらいは不遇の時代があるかもと思って私は投資しています

そこが不安でしたらやはり世界分散投資や債券などにも投資をしておいた方がよいでしょうね。

  ※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング