ただの積立投信の日誌

投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

下落時に追加投資する場合のルールを決めておこう。S&P500は今回レベルの下げは頻回におこるよ。

 

f:id:liverpool-premium:20201205103949p:plain

 

下落時に追加投資する場合のルールを決めておこう。

今週の株価はインフレへの懸念からかなり下げましたが、週末にかけてだいぶもどしましたね。

来週はまだわかりませんが、もしこのまま回復するとすれば大した下げではなかったことになります。

さて投資信託ETFなどで積立投資していると、非常に退屈なのでこういった下げた場面で追加投資をする人は結構いるとは思います。

しかしこの下落時に追加投資するにあたってルールを決めておかないと、効果があまりないどころか、暴落の時に弾薬(現金)が無くなり、チャンスを指を加えながら見ているしかなくなりますので簡単にでも決めておくと良いと思います。
追加できる投資資金に余裕がある人とあまりない人では基準も変わってくると思いますが、私の場合は8~10%下げないと追加投資はしないことにしています。
今回のS&P500の下げがおよそ-4.8%くらいなのでまだまだですね。

 

この4~5%くらいの下落はS&P500は頻回に起こっており、今後もインフレや長期金利上昇などのニュースが出るたびに下がる可能性は十分あります。

そのため私としてはS&P500が3900を下まわるくらいにならないと追加投資はしないということになります。

それ以外はひたすら定期積立し、投資するお金があっても現金を貯めていくことにしています。

特に今のような若干上がりすぎてきたかなという場面では、現金保有率を高めていくことを意識しています。

暴落時にある程度現金があると、資産減少のクッションにもなりますし心に余裕ができるというメリットは感じられるのかと思います。

まぁ10年後からみれば今が割安だからと、生活防衛資金以外は常に弾薬を残さずフルパワーで積立て続けるという考えもあるかと思います。

正解不正解は無い世界なので、市場から退場せず長期的な視野で投資を続けられる方法で投資をしていけばよいのかと考えています。 

  ※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング