ただの積立投信の日誌

投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

米主要企業の決算軒並み好調でも株価すぐれず。しかしS&P500が4200ポイントを超える!!インデックス投資の素晴らしさに気づこう。

f:id:liverpool-premium:20200607124048p:plain


米主要企業の決算軒並み好調でも株価すぐれず。

今週は米国の主要な企業の決算発表が続いています、GAMFAは軒並み好調な決算となっていますが株価があまりすぐれません。

昨日ハイテクがあまり上がらなかったのは米10年債利回りが上昇したことも影響は出たのかなと思いますが、どうもアナリストの重箱の隅を突っつくような見方が嫌気されているようにも思いますし、前回の決算が好調すぎて期待感が強くなりすぎているように思います。

もはや同様の刺激では快感を得られなくなってしまったということでしょう。

もう強欲ですね。

 

しかしS&P500が4200ポイントを超える!!

ただ米国株の市場全体としては好調で主要な指数は上昇しており、S&P500は4200ポイントを超え好調さが続いています。

そのためS&P500連動などのインデックス投資にしておけば、個別株決算の影響はそれほど感じることなく投資することができます。

個別株の爆上がり報告を聞くとなんとなく焦りが出てしまうと思いますが、ジワジワ上がる醍醐味も捨てたものではありません。

私の意見ではありますが、インデックス投資がどれだけすぐれているかを理解するためにも個別株は余裕資金で投資してみると良いと思っています。

難しいこと考えることなく情報に振り回されることなく投資していられる素晴らしさに気づけるのではないでしょうか。

そしてインデックス投資の良さに気づいたあとは、浮気することなく積立て続けることができるのかと思います。

  ※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング