ただの積立投信の日誌

S&P500の投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

NYダウ、S&P500とも最高値更新。S&P500は4000ポイントを間違いなく超える。タイミングを考えているといつまでも投資ができない理由。

NYダウ、S&P500とも最高値更新。

11日米国市場はまたしてもローテーション色が強い上昇となり、ナスダックが大きく上がり、NYダウ、S&P500は最高値を更新しています。

要因としてはインフレ懸念の緩和や新規失業保険申請数の減少、追加経済対策法案成立を受けたことで、景気回復への期待が強まったようです。

NYダウ +0.58% S&P500 +1.04% ナスダック +2.52%

S&P500は4000ポイントを間違いなく超える。

そしてS&P500は現在3939ポイントと4000ポイント間近となっていますが、この4000ポイントを超えるのは時間の問題であり間違いなく超えてくるでしょう。

機関投資家が4000ポイント間近になってきていることでS&P500への投資を強めると思われることは予想でき、アルゴリズムもそのようにプログラムされているからです。

何かの悪材料が出てこない限り4000ポイント越えは間違いありません。

 

タイミングを考えているといつまでたっても投資ができません。

f:id:liverpool-premium:20210312110229p:plain

さて、この状況にS&P500は上がりすぎだから今は投資できない、下がってから買おうと考えている人もいると思いますが、このままでは永遠と投資できず「あの時投資していれば」と後悔することにもなりかねません。

上記はS&P500の対数のチャートで、青い線は100日移動平均になります。

1970年代から見るとこの100日移動平均を少し上回りながら上昇しているのが見えると思います。

とくに1976~2000年までの間ずっとこの100日移動平均を上回って上昇をしており、この期間と同じような上昇が今後起こる可能性があることを考えると、タイミングを見ているとS&P500にはいつまでも投資をできなくなってしまうのです。

今後多少の下落や暴落に近い物はあると思いますが、ここ10年のような上昇があと10年続くとすれば、S&P500は6000~7000ポイントになることは間違いないと私は思っており、30年以内には10000ポイントを超えることは可能と考えています。

つまり今は高そうに見えても10年後からみれば安値である可能性が高いともいえます。

10年後あの時投資をしていれば。。。と山の下から指をくわえて眺めているだけにならないようにしたいですね。

※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング