ただの積立投信の日誌

投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

株式市場長期金利上昇にビクつきまたもや下落。しゃくりみたいなものだろう。

f:id:liverpool-premium:20200626190035p:plain



株式市場長期金利上昇にビクつきまたもや下落。しゃくりみたいなものだろう。

25日の米国株式市場は長期金利がまたもや上昇したことでビクつき大幅に下落。

また日経平均株価も米国株式市場にひっぱられ1200円を超える下落となりました。

久々の少し大きめの調整に「バブルが弾けた」などと、投資界隈もザワついているようですが、この下落は「しゃっくり」のようなものだと思って良いと思います。

景気が上向きだせば長期金利が上がるのは当然ですが、今回はまだまだ金融相場の中頃であり、業績相場にも及んでいません。

ここまで下支えした経済を米国は見捨てるわけがありませんし、大規模な金融政策を追加しようと検討しているような状況であり、2021年中にはもうひと段階株価の上昇が見込まれます。

 

上記のようなサイクルや経済事情の理解があれば「バブルが弾けた」と焦ることはなくただの調整であると認識し投資を続けることができるでしょう。

だからこそ投資の勉強はしておかなければいけないのです。

何も知らないとこういった報道や情報に驚いて、すべて売却してしまうことになりかねません。

ただし今回の「しゃっくり」は少し長引くかもしれませんので、短期~中期投資でサテライト投資をして利益を出せている人は一部利益確定売りをして、しゃっくりが落ち着いたころ再投資ということも考えても良いと思います。

長期投資を核にしている場合はなにもすることはないと考えております。

※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング