ただの積立投信の日誌

投資信託、ETFをメインに投資をしています。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

米量的緩和を長期継続示唆も織り込みずみか。先物もほとんど動きなしだが長期的にみれば投資したもの勝ち。

f:id:liverpool-premium:20200607124048p:plain

量的緩和を長期継続示唆も織り込みずみか。先物もほとんど動きなし。

16日米連邦準備制度理事会FRB)は、金融政策を決める連邦公開市場委員会FOMC)を開き、米国債などを買い入れ市場に大量に供給する量的緩和を長期化させる方針をきめました。

このポイントとしては

量的緩和を雇用最大化と物価の安定目標に向けて著しい進展があるまで継続

・事実上のゼロ金利政策を維持し、2023年待つまで継続する見通し

などがあげれます。

 

しかし株式市場は至って冷静であり、16日はNYダウが-0.15% S&P500 +0.18% ナスダック+0.50%と目立った動きはありません。

各指標とも現時点で+.0.5%ほどとなっており既にこの量的緩和延長は織り込み済みといった印象です。

しかし長期的にみれば、この量的緩和は株式市場に大きな影響を与えることは間違いないため、投資家においては着実に投資していくことで資産は更に増えていくのではないかと思っています。

つまり投資したもの勝ちなのであります。

※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング