ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

長期投資を続けるのならコア・サテライト戦略がおすすめ

長期投資を続けるのならコア・サテライト戦略がおすすめ

投資は積立投資が一番で、失敗しない為にも他の投資には手を出さず積立投資を永遠にやり続けるべきという風潮が強い昨今ですが、コロナ禍から果たして本当にそれが正解なのか私は疑問に思うようになってきています。

積立投資は確かに着実に資産を増やせる投資方法ですが、非常に退屈な投資方法で成果が目に目るくらいになるまでは5~10年は必要になってきます。

この間に市場は波があり、シミュレーションをして年5%は増えると思って始めた人が思うように資産が増えないことに焦れて投資の楽しさに気付く前に途中でやめてしまう人もおります。

そのため、積立投資のみで投資を続けるということは、積立投資と信じる力と相当な忍耐力が必要になってきてしまいます。

 

コア・サテライト戦略

f:id:liverpool-premium:20201122140700p:plain


しかしなかなか成果が出るまで忍耐強くは投資し続けられないという場合、私のおすすめとしてはコア・サテライト戦略が良いのではないかと思っています。

上記は私の投資先のコア・サテライトのイメージです。

コア=核になる投資を積立投資として長期的に資産を増やしつつ、サテライト=周りの無理のないところで個別株やETFで短期~中期、もしくは長期に近い部分で市場のリターンを上回るような投資を目指すというものです。

私はコアな部分で80%の資産を投資をし、サテライトが20%くらいでしょうか、もしサテライトの部分で損が出てもそれほど大きな損を被るわけではないことから精神的に安定して投資を続けることができます。

また個別株などで大きめのリターンを狙う戦略も取ることができます。

この戦略での利点としては、サテライトの部分で投資をすることで、世界経済や市場の動きを体感し経験し学ぶことができ、投資の楽しさや適切な投資方法も勉強できると考えています。

コア・サテライト戦略で注意すること

コア・サテライト戦略にも気を付けなければいけないことはがあります。

それはコアとサテライトをはっきりわけることが必要です。

あくまでメインはコアであることで精神的に安定し長期間投資を続けることができます。

利益が思うようにでないとき、サテライトをメインにしてしまうと暴落したとき損失が大きなものになり市場から退場ということにもなりかねません。

またサテライトの部分では利確したり、損切したりする必要も出てくるためその判断を自らしていかなければいけません。

個々でリスク許容度も違うことから、コアとサテライトの割合はよく考える必要があるでしょう。

まとめ

コア・サテライト戦略で投資を学ぶことで、将来いつかくるコアの部分の出口戦略にも役立つと私は考えています。

そのためコアな部分だけで投資をしていくことは否定はしませんが、投資ライフで資産を増やしながら守るということを考えるとサテライトの部分も少しずつ学んでいく方が良いかと考えています

※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング