ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

イギリス部分的ロックダウン発表。週明けも米国株が下落すればアノマリーからトランプ敗北危機??

イギリス部分的ロックダウン発表。

31日 英国のジョンソン首相は、11/5~12/2までイングランドで部分的なロックダウンをすることの発表しました。

イギリスも含め現在ヨーロッパで、新型コロナウィルスの感染者数が増加しております。

今回イギリスでは政府による最悪のケースの予測を上回るペースで拡大し累計で100万人を突破したことから今回の判断をしたようです。

やはり季節が秋~冬へと変わり気温が下がってきておりますのでウィルスは活発になってきているのかもしれません。

 

週明けも米国株は下落する??

これを受けて週明け米国株含め株価は下落するのでしょうか?

欧州では間違いなく株価は下落すると思われますので、米国株もそれにつられるのは間違いありません。

問題は欧州でどのくらい下落するかによりますが、フランス、ドイツに続き、イギリスもロックダウンとなると、世界経済を考得た場合かなりの影響は出そうな気もします。

しかも前回のロックダウンは春から夏へと気温が上がる時期だったので、早く終息しましたが、これから気温が下がり感染者数なかなか減らないということは十分考えられます。

その場合、ロックダウンを年末まで延長するという可能性も考えると株価への影響はとても大きいものとなると思われます。

f:id:liverpool-premium:20201101100558p:plain

米国でも1日の感染者数が10万人を超えるなどしており、サンデーダウは既に下落を始めており、大統領選挙という不確実性を目の前にしてさらに下落するものと思われます。

大統領選挙3か月前からみて株価が下落すると、現任の大統領は負けるというアノマリーがあります。

その為S&P500が11/2も下落すれば8/3の指数を下回る可能性もあり、その場合バイデン氏優勢とみた市場は更に下落するなど、株式市場はより不安定なるかもしれません。

つまり投資においては定期の積立以外は引き続き様子を見るくらいの方が良さそうです。

※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング