ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

米追加経済対策への期待で株価上昇。今回の調整場面は終わった??チャートで見てみよう。

米追加経済対策への期待で株価上昇。

9/25米ムニューシン財務長官とペロシ下院議長が、追加経済救済対策をめぐる交渉の再開で合意したとの報道を受け、早期成立への期待から株価は上昇し、NYダウ +1.34% S&P500 +1.60% ナスダック +2.20%となりました。

トランプ大統領は2度目の追加経済対策のだいぶ前から意向を示していましたが、ようやくといったところですね。

まぁ大統領選前には何が何でもやるだろうと思っていましたので、まだ決定ではありませんが予想通りといったところでしょう。

 

今回の調整場面は終わった??

f:id:liverpool-premium:20200926092043p:plain

市場は米大統領選挙、米中対立、コロナの影響などの材料への懸念もありますので、ひとつの悪材料がでればまた流れは変わるとは思いますが、短期的には今回の調整場面はひと段落となると思っています。

上記はナスダックの恐怖指数ですが、今回のハイテクの下落ではそれほど恐怖指数は上がらず、コロナショック時と比べても低いことがわかります。

6月ごろの指数の方が高いくらいですね。

またRSIも9月初めのころ上がりましたが、これもコロナショック時に比べると低く、黄色い線でもわかるように下がる兆候を見せています。

またRSIの数値も50を切って下がろうとしており、このまま下がれば恐怖指数も下がり、ハイテク株は再び上昇を見せる傾向にあると思います。

ボリンジャーバンドの幅もだいぶ狭くなっているのでボラティリティも低そうです。

これらのことから今の段階では、急にまた恐怖指数が上がって株価が急落するということは考えづらいと思います。

まとめ

これらのことから10月以降の株式市場は少し安定し始めるとは思いますが、私としては短期~中期的な取引は、今の時点は行わないと思います。

やはり大統領選挙までのここ数か月は不安定で読めない感じはするため、手は出さない方が良いような気がしています。 

違和感があるときは慌てず待った方が得策です。

※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング