ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

投資4年目に突入!!新たな次元へステップアップ!!

f:id:liverpool-premium:20200601165602p:plain

投資4年目に突入

6月になり私の投資歴も4年目を迎えました。

私もいままでは投資初心者という気持ちではいましたが、これからは「初心者よりの中級者」と考え投資行動をとっていこうと思っています。

この3年間で投資関係の本を多く読みマネーリテラシーはかなりついてきたと思います。

また投資のブログやユーチューブ、SNSで投資家の考え、暴騰、暴落時の行動を見させていただき投資家として最適な投資行動を学び考えることができるようになってきています。

4年目は新たな次元へステップアップしていけるような気がしています。

新たな次元へステップアップ

新たな次元へといっても、ベースは積立投資であることは変わりありません。

リスク資産の90%はインデックスファンドへの積立投資となるでしょう。

この投資方法が精神的にも安定し、資産を着実に増やしていける方法であるからです。

しかし10%は個別株やETFへの投資を積極的におこない売買していきたいと思います。

この理由はここ最近の記事でも述べております「投資の多様化」です。

コロナショックにより、分散投資の必要性をより考えるようになりました。

今後パワーバランスが大きく変わる可能性が大きく、投資もそれに合わせて変化させる必要性を大いに感じているからです。

投資商品を多様化させるとリスクの分散もできますが、それぞれの投資方法を学んでおくことで、将来時代に合わせてポートフォリオを変化させることができることは大きいです。

その為リスク資産の10%は将来性のある企業やETFに投資をして学んでいきたいと思います。

 

失敗を恐れず

この10%の投資が成功し資産が増えれば、それに越したことはありません。

たとえ損をしても経験や知識は増え、その後に大いに活かすことができるので失敗は恐れずチャレンジしていきたいと思います。

失敗をデメリットと考えないような思考の変容をしていきたいと思います。

まとめ

私はこのコロナショックで投資への考え方が少しだけ変わりました。

今までの私は本職をできるだけ早く引退することばかりを考え、その時株価が上がり続けている投資商品ばかりに目が行きがちでした。

しかし今は「リタイヤはそれほど焦らず仕事をしていけば良い」という考えに変わり、投資もじっくり楽しみながらしていこうと考えるようになりました。

その為投資商品も上がりすぎて暴落するリスクの高い商品より、今後長期的な成長性を見込んだ商品に目が行くようになり、冷静さを取り戻せたように思います。

常に自己覚知をし間違えていると思えば修正する柔軟さは投資には必要かもしれませんね。

 


ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へにほんブログ村
投資信託ランキング