ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

ビットコインは第2の金になりえるか??実は今が超安値??

f:id:liverpool-premium:20200509170122j:plain

ポール・チューダー・ジョーンズ氏 ビットコインへの投資を検討

f:id:liverpool-premium:20200509084432p:plain

投資家のポール・チューダー・ジョーンズ氏は、中央銀行による貨幣増発で予想されるインフレへのヘッジ手段として、ビットコインの購入を検討しているとのことです。

同氏は「ビットコインは1970年代に金が果たした役割を思い起こさせる」「最良の利益最大化戦略は、最も早く走る馬を所有することだ。予想しなければならないとすれば、私の意見ではそれはビットコインだろう」との見解を示しました。

ビットコインは第2の金になりえるか??

f:id:liverpool-premium:20200509085725p:plain

楽天証券引用

上記はここ40年ほどの金価格の推移になります1970年代からの推移は現在のビットコインの動きと近い感じはしますね。

果たしてビットコイン「第2の金」となりえるのでしょうか?

私は正直ビットコインについては、サイバー攻撃へのリスクから投資することはまだ懐疑的ではありますが、投資家の間で少しずつリスクヘッジの投資先としての見方をされるようになってきていることから、今後投資する人が多くなってくることで、株式市場との相関が出来上がってくるのかもしれません。

ビットコイン実は今が超安値??

これから先ビットコインの成長性は少なからず感じられますし、実は現在超安値なのかもしれません。

コロナショックによる暴落後、世界各国で大量に貨幣を増発し、インフレの可能性が高まっており、これに嫌気した投資家が金やビットコインへ投資を切り替えた場合、価格が一気に上がることも予測されます。

その為リスクの高さを承知の上で、資産が溶けても問題ないくらいの金額をビットコインに投資をしても良いのかもしれません。

私も投資商品の多様化については今回の暴落で必要性を感じましたし、一つの選択肢にはなるのかと最近は少しだけ思うようになっています。

まとめ

とはいえビットコインのリスクは未だかなり高いことから、安全性を考えるなら第2の金というのであれば、銀やプラチナへの投資でもいいんではないかと思います。

焦ってお金を増やそうとするとろくな事にならないことは皆さんも知っての通りですね。

とりあえずよくわからないまま投資もできませんから、もう少し調べてから検討していきたいと思っています。

 ※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング