ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

コロナショックでキャッシュ・イズ・キング??ドルの需要が高まっている理由

f:id:liverpool-premium:20200320161801j:plain

コロナショックでキャッシュ・イズ・キング??

コロナショックによる株価下落が止まらなくなっており、ここ最近REITや金などあらゆる商品が売られ始めています。

暴落の際はこのように現金(キャッシュ)に換える動きが目立つようになります。

その理由としては

  • 暴落して資産が減るのに耐え切れず狼狽売りしてしまう
  • 不景気なれば現金(キャッシュ)が一番安全だから換えておく
  • 今後不景気になることを予測して安くなる株式、不動産を購入するために換えておく
  • 株価が大暴落し追加証拠金が発生してしまった為現金(キャッシュ)が必要になった

など人それぞれかと思いますが、不景気の場合は現金(キャッシュ)に換えておくことで、資産の保守から資産の成長させるための武器となるため、キャッシュ・イズ・キングとも言われています。

 

ドルの需要が高まっている理由

f:id:liverpool-premium:20200320092754p:plain

そして今回のコロナショックでドルが急に買われるようになってきています。

ドル円では3/9ごろ一時102円まで円高に進みましたが、そこから本日一時111円まで円高が進みドルが買われています。

何故このような動きを見せているのかですが、上記のいくつかの理由や世界中がパニックになっている今はドルが安全とみなされていること。

また今回渡航制限などから経済活動がSTOPしており、世界各地で輸出入なども影響がでていることから、消費が細り、企業輸出による外貨獲得が困難になってきていることから、ドルが市場に不足しています。

そのため各国の中央銀行が介入してドルを買い集め、ドルが必要な企業に融資をするという対策を取っていることから、ドルが急騰している一つの要因になっているようです。

ただ「ドルの強さは協力なショートカバーによるもの」という見方もされており、様々な要因が重なり合ってドル高になっているようです。

まとめ

投資は一要因だけで動くわけではなく複雑に絡み合い動いてくものだということがわかりますね。

特に今回は金融の問題ではない未知のウィルスから発生した暴落で、世界中の様々な情報をかき集める必要があります。

個人投資家は、その中から正しい情報か精査して投資の判断基準にしていく必要がありそうです。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング