ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

今週のリスク資産 2020.3.15  1週間で-170万円減少。「暴落時のウズウズ病」は危ないよ。

f:id:liverpool-premium:20200315091927j:plain

今週のリスク資産 2020.3.15

今週は新型コロナウィルスの感染拡大の懸念から、毎日歴史的な下落を繰り返しました。

私のリスク資産も毎日60~90万円減っている状態で、完全に感覚が麻痺してしまっています。

1週間でかなり資産が減っただろうとは思っていましが、想像より少し上を行って減ってしまいましたね。

-170万円が1週間で溶けました。

 またBND債券も下がるだろうと思って指値していましたが、予想通り下落し1株ですが購入できました。

ただ予想以上に下落しましたね。。

 

 【特別口座】

f:id:liverpool-premium:20200315082949p:plain

 

 【個人型確定拠出年金iDeCo)】

 

f:id:liverpool-premium:20200315083025p:plain


【個別銘柄・ETF

f:id:liverpool-premium:20200315083043p:plain

 

時価評価額(合計)

先週 9,583,410円

今週 7,856,610円

 

先週比 -1,726,800円

 

 

 

今考えている投資方針

このコロナショックに関連する情報が目まぐるしく入ってくるため、自分の心理を毎日覚知するのが大変です。

「いまは投資せず待つべきだ」と思っていても、「やはり購入したほうが良いのかな」と考え始める状況です。

これを「暴落時ウズウズ病」命名します。

ただこれは仕方ない。だって人間だもの。

考え始める⇒分析する⇒決断する

を繰り返すと最終的には「今はなにもしない」という結論に行きつき「暴落時ウズウズ病」を撃退できます。

 

S&P500への投資については定期的な積立は続け、今後リセッション入りし更に下落していくのなら定期の積立額を増やす+状況に合わせてスポット購入という感じにします。

このままもし回復していくのなら、リセッションではなくただの調整であり、いづれ訪れる景気後退時期のために安全資産を増やしていくだけです。

まとめ

 

ブログでこのように自分の心情を書くことは、後に振り返えることができるので凄く有効になると思うのでおすすめです。

16日は先週金曜日の爆上げの結果がわかります。

為替も円安にもふれており100万円位上がるかもしれません。

当面乱高下を繰り返し、その度に「暴落時ウズウズ病」がやってくるのです。

まだまだ油断なりません。

※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いします。

 

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング