ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

衝撃の週明けドル円が4時間で4円も下落!?もはやリセッション入りしたと思っても良いだろう。株式市場の最悪のシナリオ。

f:id:liverpool-premium:20200309155930j:plain

衝撃の週明けドル円が4時間で4円も下落!?

f:id:liverpool-premium:20200309150050p:plain

本日は朝方から1円強程下落し、これだけでも決行驚きましたが10時過ぎに更に一気に3円急落したった4時間でここまで下げたのは見たことがなく、まさに「衝撃の週明け」となりました。

為替が急落した原因

一番の原因は日本の10-12月期のGDPを年率換算で7.1%に下方修正したことがで、為替は敏感に反応しました。

コロナショックでアメリカの感染者が急激に増え、アメリカの専門家がアメリカだけで9600万人に感染し48万人が死亡という最悪のシナリオを発表したことなどの原因も合わさっているような気もします。

リセッション(景気後退)入りしたと思って良いのか?

人も経済も大パニックのコロナショックですが、この状況はリセッション入りしたと思って良いのでしょうか?

アジア⇒ヨーロッパ⇒アメリカという順で感染が拡大していることを考えると、アメリカでは今後感染者は爆発的に増える可能性もあり、日本のように医療は皆保険制度ではないアメリカでは、治療を受けることが困難な人が感染し、死亡者数もかなり多くなる可能性もあります。

このような予測からアメリカ経済は長期的に落ち込んでいく可能性は高くなります。

リセッション(景気後退)入りしたとはっきりわかるのは1年後くらいになるのですが、

もはやこの局面でリセッション入りしたと思っても良いのではないでしょうか。

この状況から早期に回復するのは容易ではないでしょう。

 

どこまで株価は暴落するのか?

一体どこまで株価は暴落するのかですが、これは専門家によっても意見がわかれブラックマンデー型に下落すると予測している方もいるようで、株価においても最悪のシナリオは織り込んでおいても良いのかもしれません。

最悪のシナリオは1929年のウォール街の大暴落(世界恐慌)レベルのものになるでしょうか。

このときS&P500は86%、回復まで25年です。。。

もしこのウィルスが変異しスペイン風邪並みの死者が出れば、もはや世界の終わりのような報道が連日流れるでしょう。

しかも治療薬やワクチンが長期間開発されなかった場合、世界恐慌入りしていくのではないでしょうか。

ぶるぶる震えちゃいますね。。

私の今後の投資方針

私としては不謹慎ですがこの状況をチャンスとしか思っていません。

これからありえないほど株価が落ちるなら、ありえないほどの安値で株を購入できます。

米国株の場合は上がっても下がってもいづれ平均値に戻りますから、ありえないほど安値で買った株は終息宣言がでた後、ありえないほど株価は上がっていくことでしょう。

 その為最悪のシナリオを想定しながらも追加投資をしていきます。

現金にそれほど余力はないため、今の状況で一括投資したらそこで終わりです。

どこが底かもわかりません。

その為含み損に転じたところで、5万円~10万円の追加投資を定期的におこなっていきます。

個別銘柄には今は投資しません。

スリムS&P500ETFのVGTに投資をしながら気長に上がるのを待ちたいと思います。

まとめ

おそろしいほどの最悪のシナリオが今後いろいろ発表されるでしょう。

しかし恐れるに足りません。

人間はいつの時代もウィルスに打ち勝ってきました。

今回も間違いなく打ち勝てるでしょう。

その為今はウィルスに感染しないよう慎重に行動し、市場から退場しないような投資行動を取り事態が終息するのをひたすら待ちます。

冬眠?気絶?それもありですね。

これからはいかに冷静にいられるかで、将来の資産は大きく変わってくることでしょう。

※投資は常識の範囲内で自己責任でお願いいたします。

 


下記バナーポチッと応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング