ただの積立投信の日誌 (米国株編)

米国株式のインデックスファンドに集中投資し、米国個別銘柄にも投資を始めました。ゆっくりながらも資産1億円を目指します。

米国株が連日最高値更新。好景気の時の積立投資家の投資心理。「隣の芝生は青く見える」

f:id:liverpool-premium:20191209085107j:plain

米国株が年末になり毎日最高値を更新しています。

もはや暴騰ともいえるような状況ですが、個別株の投資家と積立投資家ではこの好景気の時の心理って少し違うのかと思います。

まず個別株の投資家心理としては

  • 上がりすぎだろ。そろそろ売り時かな。
  • 暴落が恐怖。。。
  • いやいやまだまだガンガン行くぜ!!
  • 優良な銘柄なので調整に入っても売りません。逆に買い増すチャンス!!

そして積立投資家としては

  • 個別株と比べて資産がなかなか増えないな。。個別株に投資しようかな
  • 仮想通貨の方が資産を増やせそうだな。。
  • もっと資産を増やせる投資方法を探したい。
  • 保有している現金でスポット購入しよう。

まぁ性格や資産状況、投資先によって心理は変わるとは思いますが、値動きの激しく、暴落後会社が倒産する可能性もある個別株の投資家は最悪のシミュレーションをして好景気の時に売却を考える方は多いかもしれません。

逆に積立投資家は暴落時にも積立続ければ将来リターンも得られる可能性は高く、良質なファンドに投資していれば償還の可能性もなく、資産が0になる可能性も少ないわけなので個別株に比べると、好景気のときに売却を考えたりするマイナス思考の方は少ないと思いますが、逆に個別株などの好調さに比べて資産があまり増えないというジレンマと闘っている人は多いと思います。

 まさしく「隣の芝生は青く見える」です。

特に積立て期間がまだ1~5年くらいでリスク資産がまだ500万円未満の方はこの心理状態になることでしょう。

実際私も個別株に投資したくなっています(笑)

ただ私の場合はリスク資産はすでに10年近く積立てをした位の額になっており、それなりに資産は増えているので、「現状がベターだろう」と思いとどまれています。

もちろん他の投資方法を否定するわけではありませんし、投資への考え方が変わる事だってあるでしょう。

投資について学んでいるうちにより良い投資方法があれば、積立投資と併用することでリスクを分散させることができたり、リターンを良くしたりすることもできるメリットもあるはずです。

しかし、その場合は自分なりにしっかり学んでその投資法のリスクを知り、リターンを得られる公算が高いと自分なりに考えを導きだした場合です。

誰かの投資方法が上手くいっているからと安易に投資方法を変更したりすることだけは控えたほうが良いでしょう。

※投資は自己責任で!!

 

【本日の気になるファンドの結果】 

 

日経平均株価
23,830.58(9.47) 

【NYダウ】 
28.551.53 (96.44)

【S&P500】

3,224.01 (2.79)

 

【世界経済インデックスファンド】

34円(23,837円 0.14%)

【セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド】

47円(15,575円 0.3%)

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド】

-21円 (10,312円 -0.2%)


emaxis slim 全世界株式(オール・カントリー)】 

19円(11,654円  0.16%)

emaxis slim 米国株式(s&P500)】

15円  (11,976円  0.12%)

emaxis slim 全世界株式(除く日本)】

21円(11,621円  0.18%)

 

emaxis slimバランス(8資産均等型)】

11円(11,606円  0.09%)

楽天・全米株式インデックスファンド】 

13円(12,593円  0.1%)

 

楽天・全世界株式インデックスファンド】

13円(11,475円  0.11%)


【ひふみプラス】
140円(40,827円  0.34%) 

 


ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へにほんブログ村
投資信託ランキング