ただの積立投信の日誌

米国株式のインデックスファンドに集中投資している積立投資家です。時事ネタと【月~金】気になるファンドの結果 【土】気になるファンドのリターンの報告 【日】 リスク資産の状況を記事にし毎日更新しています。

投資は子供のうちから学ぶべき バフェットは11歳から投資をしていた。

f:id:liverpool-premium:20190921140244j:plain

 投資は大きなお金が動くイメージから大人がするものと決めつけているところがあると思いますが、現在は100円から積立投資をすることができるので、お子さんがいらっしゃるご家庭では投資を学ばせる絶好の機会となっています。

もし小学生のうちから投資を学ぶことができたら、将来大きな資産を築くことができるばかりか人生においても選択肢を広げることができます。

 

あの有名なウォーレン・バフェットも6歳のころから、チューインガム、コカコーラを売り、利益を手に入れ11歳になるころにはその利益を元手に株式投資を始めたそうです。

もちろん失敗もあったようですが、お金が動く投資という意味を知ったウォーレン・バフェットはその後莫大な資産を築き上げました。

※下記の本でバフェットの成功習慣学べます。

お金を引き寄せる世界一の投資家バフェットの成功習慣

中古価格
¥734から
(2019/9/22 08:28時点)

 

では仮に10歳からお小遣いのうち500円毎月積立てるとします。

間違ってはいけないのは「豚の貯金箱」に入れてはいけません。

 

20歳にはいったいいくらになるでしょうか。

リターンは5%としてます。

元金  60,000円

評価額 75,352円

含み益 15,352円

 

となります。

たった500円積み立てるだけで15,000円も増えるのです。

 

お金を増えていくことの楽しさを知ったお子さんは中学生、高校生になればおこづかいから積立金額を増やしたりするでしょう。中にはバイトをして投資にあてるなんて子もいるかもしれません。

そして20歳以降も仕事をしながら得た収入を数万円でも積立て続ければ35~40歳になるころには1億円に近い資産になることでしょう。

35歳くらいならいろんなことにチャレンジできる年齢です。

事業を起こしたり、海外に移住したりするのもいいでしょう。

もうすこし資産をふやしてアーリーリタイヤなんていうのもいいです

資産が若いころにあればそれだけ選択肢が増えるのです。

 

大事なことは投機ではなく投資という意味を学んでもらい、できるだけ早い時期から投資を始めるのがポイントだと思います。

あくまで私の考えですが、子供がいたら投資を教えていくと思います。

 

 

【ただの今週のリスク資産状況 R1.9.22】

今週はFOMCもありましたが、株式市場はあまり大きな動きはなく終えており、リスク資産は微増となっています。

 

【特別口座】

  

f:id:liverpool-premium:20190921132415p:plain



 

 【個人型確定拠出年金iDeCo)】

f:id:liverpool-premium:20190921132442p:plain




投資元本 

8,628,280円

時価評価額(合計)

先週 9,018,497円

今週 9,023,979円

先週比 +5,482円

 

 


ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へにほんブログ村
投資信託ランキング