ただの積立投信の日誌

米国株式のインデックスファンドに集中投資している積立投資家です。時事ネタと【月~金】気になるファンドの結果 【土】気になるファンドのリターンの報告 【日】 リスク資産の状況を記事にし毎日更新しています。

積立投資で初期投資300万円は正解だったか考察してみる 2019

赤いライジングスターです。

本日は「積立投資で初期投資300万円は正解だったか考察してみる 2019」です。

 

ただの積立投資の日誌いや赤いライジングスターファンの皆様は、もう私が積立投資を開始した時に300万円初期投資したことはご存じかと思いますが、最近このブログを知った方はご存じない方も多いと思いますので簡単にお伝えいたします。

私が積立投資を始めたのは2017年6月です。

投資のことはあまり良く思っていなかった私ですが、給料があがっても税金が上がって資産の増え方が変わらない現状にこのままいけば老後貧乏まっしぐらだと思い、投資の勉強を始めました。

素晴らしい積立投資の本に何冊か偶然出会うことができ読んで学んでいくことで、「地道にコツコツとタイプ」の私に合っているのではないかと積立投資を始めることができました。

最初は恐る恐るでした。。数百円動くだけでもドキドキしたものです(笑)

しかし40歳間近の私はこのペースで動いても定年時にどれだけ資産が増えているのか不安になり、シミュレーションを何度もした結果、いづれ投資しようと思っている額を決めているなら、貯金して数十円しか利子がつかないのなら、投資をしてお金に働いてもらっていた方が良いことを知り300万円一括で投資しました。

 

さてその後ほぼ毎月10万円以上積立続け1年半経った今では積立額が600万円を超えましたが、初期投資が正解だったか考察してみます。

正直現在思うのは、初期投資しておいてよかったと思っています。

好調だった2017年では年末には20%のリターンを得られ50万円を超える含み益になり、投資の素晴らしさも実感できましたが2018年は全く逆で2017年の含み益が一気に含み損に転じました。

現在はマイナス10万円の含み損に転じています。

しかし2017年のように経済が好調であれば、どんなにお金は働いてくれるのかということを知ることができたため、今の下落相場でも全く心配せず積立てることができています。

もちろん積立投資について、メリットデメリットをしっかり勉強をしたから落ち着いていられるのであるのですが、勉強をしただけなのと実際取引をして経験値に変えていくのでは数年後全く違う未来があるのではないかと思っています。

そういう意味ではやはり初期投資300万円を投じたのは正解だったと思うのです。

 

この考察は定期的に行っていきます。

私のこのブログは投資初心者~中級の方が投資に迷ったときに、自分の投資方法について気づきなればと思い毎日記事にしています。

私がかつて積立初めて不安なときに、積立投資の本でなんども確認しながら投資続けた時のように少しでも安心してただければと思っています。

数年後に「初期投資どのくらいしようかな」とか「初期投資多めにいれたけど大丈夫かな」と悩んでいる方が、この考察をみることで少しでも参考になったり、安心感を得ていただければ私も嬉しい限りです。

 


ただの日誌いつも見ているよって方は下記クリックをお願いします!!
つまんない二度と来るかっていう方も下記より退場できます(笑

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へにほんブログ村
投資信託ランキング