ただの積立投信の日誌

タイトルどおりただの積立投信の記録です。専門的なことなどは諸先輩方が詳しく説明してくれているので、投資に関してのうんちくなどは控えます。ものぐさですからあまりつっこんで勉強しないタイプなので。。。日々思ったこと、学んだこと、資産推移などを淡々とアップしていきます。

Fund of the year 2017 で世界経済インデックスファンドが10位以下になっても動じてはいけない件

fund of  the year 2017の投票が始まりました。

来年から積立NISAが開始になるため、信託報酬が安いインデックスファンドが続々でき、積立投資の世界は激動の年になったのかと思います。

世界経済インデックスファンドも9月くらいまでは純資産残高が上がり過ぎて怖いみたいな感じでしたが、ここ最近では純資産残高が下がり続けていました。

新しいファンドへの乗り換えが大きな要因であり、今年は10位以下になる予測が多くなっています。

しかし慌ててはいけません。他のバランス型のファンドと比べて基準価額の推移としては若干ですが、世界経済インデックスファンドの方が良いときの方が多いのです。

積立NISAでもアクティブファンドに位置づけられているくらいですから、値動きの幅も若干ですが大きいように思います。

ただそれだけ積立投資としてはチャンスなんですよね。他のファンドより若干基準価額が下がるかもしれませんが、その時に多く購入することができます。その後上げれば利益も大きくなります。

これが怪しいアクティブファンドであれば動揺して売ってしまいそうですが、世界経済インデックスファンドは実績があり、純資産も豊富にありますので慌てなくて良いのです。

それに気づいている方は売らずに残るのです。実際にここ数日また純資産額が上がり始めていますので
10月の純資産額の減り方は一時的なものであったと考察します。

そのためFund of the year 2017の結果だけをみて即乗り換えるということだけはしない方が良いと私は思っています





ランキング応援お願いします!!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村投資信託ランキング<